flower border

私流★絵画鑑賞の仕方。

Categoryひとりごと
さーてこれから展覧会ラッシュですよ首都圏のみなさん!!!
お金との戦いです!!

ってことで、私流★絵画鑑賞の仕方をお伝えします。

①どこの展覧会に行けば良いの?

展覧会の広告は、よく駅に大きいポスターなり、でかい板?みたいなもので宣伝しています。
気になるものに足を運んでみるのはいかがでしょうか。
特定のジャンルがお好きな方は、
http://www.museum-cafe.com/search?stype=2
で検索をかけてみましょう。
ここはちょっと情報が遅いので、あとは雑誌とかで根気よく探しましょう。

②絵なんて難しくてわからないんだけど…?

私も始めはそうでした。
でも、色んなジャンルの絵を見ていくうちに、自分の好きな傾向がつかめてきます。
私は4年位前は印象派の展覧会も行ってました。
でも、ルネサンス・バロックの絵の方が、絵に意味をもつことがわかり、その意味を勉強していくことに面白さを感じ、こちらのジャンルに興味を持ちました。

③美術館に入ってから

荷物はすべてロッカーに預けましょう。
ライブ会場に行くのと同じですね。
私は2~3時間は見るので長期決戦です。
私は絵を見るときは必ずパンツで行きます。
なぜなら、ポッケにロッカーの鍵、1万円札、メガネ拭き笑 を入れるからです。
1万円札というのは、展覧会を見終わってから図録を買うときに使うお金です。

入口に着いたら、展示リストを取りましょう。
だいたいおいてあるので。取り忘れる人が多いので、注意してね。
それで、どれくらいの量が展示されているのかを把握しましょう。

④絵の見方

全てをじっくり見ようとしたら疲れます。確実に。
よくばりはやめましょう。
自分が見ていて心が惹かれたもののみ、じっくり見ましょう。

私は展覧会では2巡するようにしています。
1巡目は、解説を読みながら、考えながら見る。
2巡目は、お気に入りの作品を角度を変えながら見る。

疲れたら、ベンチにでも座って、部屋全体を見渡してみましょう。
部屋を見渡すのも、なかなかいいものですよ。

⑤見終わったら

お金に余裕があるなら図録を買いましょう。2500円くらいだよ。
はがきとか、その他面白いグッズは売っていますが、こちらにお金をかけるなら図録を買った方が絶対に良いかと思います。
図録を買い、展覧会を振り返って、自分の好きな絵の傾向がつかめてくるはずです。
それが分かったら、本屋に行って気になるジャンルの本を買ってみましょう。
そうすると、自ずと自分が次どの展覧会に行くべきか、が分かってきます。



私の好きなジャンルは、ルネサンス、バロック、ロココ、新古典主義、ラファエル前派あたりです。
特に、神話画・宗教画を見て、このキャラは〇〇で、これは〇〇な話で~~とか考えながら見ていくのは面白いものです。
あと、美人の絵は好きですね。特に、グイド・レーニの女性の絵。
昔の西洋絵画はエロ本の代わりだっただけあり、美しく艶めかしくて見応えはありますね。笑

それでは私はラファエル前派展に行って参ります。
本当は、今まで行った展覧会の詳細レポートとか作りたいんだけどな。
まぁ、それは時間のある時に、ね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment